交通事故の慰謝料が高額となると自賠責だけでは不十分

交通事故は予期せぬ災難で、自分が被害者になることもあれば不注意から加害者になることもあります。

どんなに注意していても事故に巻き込まれてしまうこともあるので、自家用車を所有していて自動車の運転をする人の多くが自賠責の他に自動車任意保険に加入しています。

なぜ多くの人が任意保険にも入るのかについては、自賠責で保障されている金額は人にのみ保障がされ、自動車やその他の物の破損に関しては保障されていないという点があります。


また、その保障額も交通事故で人が死亡した場合の保障限度額は約3000万円となっており、それ以上の慰謝料等の賠償請求金については自己負担となるからです。

自賠責で支払われる金額は、あくまでも一定の保障をカバーする為のもので、交通事故で相手に後遺症や死亡という被害を与えてしまった時に請求される慰謝料は、相手が健康で働き続けられていた場合の利益分の請求などを含めると高額になり、自賠責の保障だけでは慰謝料の負担を賄いきれない場合も多々あります。



また、物損事故には一切保障がないということは、加害者は自分と被害者の自動車の修理費や、事故で壊してしまった構築物の保障を全て自己費でしなければならず、大きな借金を支払うことになるのです。

ブログの最新情報を紹介しています。

交通事故が予測できないのと同じで、交通事故で請求される慰謝料の額についても被害者やその時の状況によって変わってくるので予測が出来ません。

どんな人にも交通事故のサポート費用は絶大な支持を受けています。

自分が加害者となってしまった時に、金銭面の心配による精神的な負担を少しでも軽減するために、また被害者への責任を果たすためにも任意保険への加入は必要となります。

Copyright (C) 2015 交通事故の慰謝料が高額となると自賠責だけでは不十分 All Rights Reserved.