Skip to content

Windowsパソコン使用期限について

Windowsユーザーの方で基本ソフト(OS)は何を使われているでしょうか。

OSによってサポート期限が限られていますので注意が必要です。マイクロソフトでは各OS毎にサポート期間を設定しており、その期間中はアップデートなどでセキュリティ上の問題などを解決するサポートが受けられますが、その期間を過ぎると新たなセキュリティ対策が行われなくなり、ウイルスや不正アクセスなどの脅威に対抗できなくなります。

それに対して「うちはセキュリティソフトを入れているから大丈夫」という方がいますが、誤った情報です。セキュリティソフトは各OSが最新の状態に更新されたものをサポート対象としています。

毎日新しいウイルスや不正アクセスの脅威が発生している中で、サポート期限の過ぎたOSに入っているセキュリティソフトでは脅威を防ぐ事はできません。

言い換えるとマイクロソフトのサポートが受けられないパソコンは実質安全にインターネットを使用できない事と言えます。各OSのサポート期限は以下ご確認ください。

(Microsoftより参照)WindowsXP:終了WindowsVista:2017年4月11日Windows7:2020年1月14日Windows8/8.1:2023年1月10日この中で注意すべきはWindowsXPとVistaです。XPは既にサポートが終了しています。Vistaはまもなくサポートが終了します。

お使いのパソコンがOSのアップグレードに対応していれば、1段階新しいOSの導入をお勧めします。アップグレードに対応していない場合は買い替えとなります。

また、OSのサポートに関係なく、耐久消費財として見た場合、上記の2OSのパソコンはリリース後10年を超えるもので、ハード的に老朽化でいつ壊れてもおかしくは無い状態です。1年はあっという間に過ぎますので、前もって対策を検討される事を強くお勧めします。

自作pcの見積もりについてならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *