Skip to content

メーカー製パソコンとBTOの違い

近年ではインターネット通販の仕組みが普及したことによって、BTOと呼ばれる購入システムが用いられるようになり、比較的簡単な見積もりを済ませるだけで好みのパソコンを購入できるメリットを持ちます。

家電量販店などの店頭で売られているパソコンの多くはメーカー製と位置づけられる種類であり、大手メーカーが自社製として組み立て及び販売を行っているモデルになるため、購入者側で性能や構成を変更できず価格もやや高額とされます。

しかし、メーカー製モデルはサポート期間が長かったり初心者向けのマニュアルが期待できるほか、基本的なソフトウェアがインストールされた状態となっているので、パソコン初心者でも安心して購入できる点で有利といえるでしょう。

一方でBTOの場合には購入者自身で自由にカスタマイズできる部分が最大の魅力であり、余分なパーツやソフトウェアを省ける分だけ安価に購入できますが、無償サポート期間が1年前後と短く、パーツの品質に注意して見積もりを行わないと早期に故障するリスクは高まります。

特にパソコンのケースやマザーボード、電源ユニットなどは購入後に変更すると大掛かりな作業が必要となり、他のパーツとの相性問題も絡んでくる要素なので、多少値段が高くなっても良質なものを選択しておきましょう。

また、BTOパソコンによっては購入時に追加料金を支払うことで保証期間を引き延ばせる製品も存在しているため、無償サポートを長く受けたいのであれば効果的な選択肢です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *