Skip to content

パソコンを動画編集用に改造する

家電量販店やメーカーのオンラインショップなどで、様々なタイプのパソコンが購入出来ます。

パソコンを購入する際には目的を考えておく事が大切です。ノートタイプやデスクトップタイプやタブレットタイプといった物があり、それぞれ重さやサイズや性能が違います。

ノートタイプやデスクトップタイプのパソコンは、高性能なパーツが採用されている事が多く、PCショップやメーカーのオンラインショップで各パーツを選択して、カスタマイズされたPCを注文するという事が可能になっています。

動画編集が主な利用用途である場合には、高速なプロセッサとグラフィックボードと大容量のメモリが必要になってきます。高速なプロセッサとしては、4コア以上でIPCが高く、高クロックのクロック周波数と動画エンコード処理に有効な命令を持っている物を選択する事が大切です。

デスクトップマシンの場合、マザーボードで採用されているソケットとBIOSが対応していれば、ハイエンドのプロセッサを選択する事が可能になります。

大容量メモリは、動画編集を行う際に専用のソフトウェアを使っていきますが、編集作業においてメモリをたくさん使う為に必要となってきます。

自作機やBTOで購入したデスクトップマシンであれば、後からグラフィックボードやプロセッサなどの交換が可能ですので、重い処理を行うのであれば、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方が良いでしょう。

様々な用途に合わせて、パーツを増設すれば、高性能なマシンを仕立てる事が出来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *