Skip to content

テレビパソコンの作り方

自作パソコンのメリットは、自由にパーツを選んで目的に合わせた構成で作成できることです。

テレビチューナーカードを搭載すれば、テレビ番組の視聴や録画が出来るテレビパソコンを作ることができるのです。テレビパソコンで重要なパーツはテレビチューナーカードとハードディスク、そして光学ドライブです。

テレビチューナーカードは、1枚のカードで地上波とBSもしくはCS放送という2系統の番組を録画できることが多いです。しかし、1枚では地上波の番組を2番組同時録画したり、BS放送とCS放送の番組を同時に録画するということができません。

これを可能にするために、テレビチューナーは2枚搭載するべきです。ハードディスクは、容量が大きければ大きいほど多くの番組を録画できます。自作パソコンならケース内部に余裕があり、複数台のハードディスクを組み込むことが可能です。

2台以上のハードディスクを搭載するときは、複数台のハードディスクを1台のハードディスクとして認識させるミラーリングという機能を使うことで、ドライブが分かれることがなく扱いやすくなります。

そして、光学ドライブは録画した番組を保存するために使います。ブルーレイドライブを選べば、高画質のまま保存し、市販のブルーレイレコーダーなどで再生することも出来ます。

このように、パーツの組み合わせによって既製品のレコーダー以上の性能を持ったテレビパソコンを作ることが出来るのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *