Skip to content

パソコンのUSB端子の使い道

最近のパソコンにはUSB端子が多数配置されていたり、小さめのノートPCでもUSB端子だけはあるという場合が増えています。

USB端子は汎用の追加ハードウエア接続用の端子であり、プリンタ、マウス、液晶ディスプレイまでさまざまな装置が接続できます。また、多くのハードウエアがWindows、マックを区別なく接続できるのもメリットと言えます。パソコン用のUSBはもともとプリンタ、CDROMなどデータ出力用に使われることが多かったようですが、USBの汎用性の高さからさまざまなハードウエアが追加できます。

特に拡張性が少ないノートパソコンではUSBを使ってデスクトップにも負けない拡張性を獲得することも可能です。ノートPCでよく使われる装置としてはプリンタがあります。プリンタは年々高速化してきており、USBのバージョンアップとと共に速度や付加価値を増やしてきています。プリンタの付加価値として評価の高いスキャナ、メモリカードリーダーなどの機能はUSBあっての機能と言えます。

また、デスクトップにおいてもマウスやキーボードのほかにDVDーrドライブなども装備できたり、DTMと呼ばれる音楽をパソコンでやる方向けには鍵盤を接続できたりとさまざまな装置が簡単に繋げられると好評です。また、USBは給電機能も充実しており、スマートフォンやタブレットの充電も可能となっています。USBはパソコンにさまざまな付加価値をつけてくれる万能端子と言えます

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *