Skip to content

パソコンの修理はパーツの交換で行える

パソコンのケースを開けたことがないという人にとって、パソコンを修理するのはとてつもなく難しいことのように感じるかもしれませんが、実際にはそれほど難しくはありません。

というのは、故障しているパーツがどれなのかを特定できれば、そのパーツを交換するだけで直ることが多いからです。他の家電製品の場合、たとえばテレビなどの場合、どこが壊れているのかを素人が特定するのはほぼ不可能ですし、仮に壊れているパーツがわかったとしても、それを個人が取り寄せて交換できるかというとかなり難しいです。

しかし、パソコンの場合は、交換できるパーツはすべて自作ショップなどで販売されているので、素人でも入手するのは簡単ですし、規格が統一化されているので、壊れたパーツと同じ規格のパーツを用意できれば、必ずしも同じメーカーの同じ型番のパーツではなくても交換が可能です。では、初心者がパーツの交換をするにあたって、パーツを除いて一番用意すべきなのは何かというと、自作パソコンに関する本です。

パソコンの組み立て方についての方法で直す方法が書かれているわけではありませんが、パーツの取り付け方が図解入りで説明されているので、それを見れば交換の仕方が簡単にわかるからです。また、マザーボードやハードディスク、電源など、どういった種類や規格があるのかという説明があるので、それを読むことで自分が使っているPCに取り付けられるパーツがわかります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *