Skip to content

メモリを見極めてpcパーツを選択すること

pcパーツの中でも、初心者の人が失敗してしまうポイントにメモリの選択の仕方があります。

メモリは規格によって非常に多くの種類が提供されていますので、本当に注意をしなくてはいけません。メモリは、処理能力に関係のあるパーツですので、間違ったものを選択すると画面上の操作や表示が遅くなってしまうなどの失敗に繋がってしまいます。一般的には、メモリは多い方が処理能力が向上しますが、pc内で利用されているパーツとの関連もあるため、その点も見ておくと良いでしょう。

特に、メモリは直接的にマザーボードに対して接着するものだけではなく、グラフィックボードにも存在しています。グラフィックボードに関しては、同じ種類が提供されているにもかかわらず、内蔵メモリが違うことによって全く性能が異なってしまいます。例えば、3gbと6gbでは同じ種類の製品でも明らかに6gbのほうが優秀な数値を残すことになります。ゲーム等をするとその差を強烈に体感することになってしまいます。

また、上記のように規格によっても大きく差が異なる場合があります。これも、グラフィックボードによって顕著であるため覚えておく必要があります。グラフィックボードに搭載されているメモリには世代が古いものが存在します。世代が古いものと新しいものを比較すると、ほぼ必ず新しいもののほうが同じ容量でも性能は良くなります。ですから、どのようなメモリが使われているのかはpcのパーツ選択で最重要のポイントになるわけです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *