Skip to content

デスクトップpcには様々なパーツが使われている

デスクトップpcには色々なパーツが使われています。

そもそもpcとは複数のパーツが組み合わさって初めて正しく稼働する製品です。一見すると一つの機械に、ケースの外側からは見えますが、実際はCPUやGPUやメモリ、マザーボードや電源パーツやHDDなどが組み合わさっており、pcのケースを取り外せばその内容が目で分かります。CPUのパーツの役割は、丁度人間でいうところの頭脳に相当します。この部品は後から取り換える事や増設する事が基本的に困難です。

そのため、自作にしてもBTOでオーダーするにしても、更には家電量販店で新品を買うにしても、CPUのグレードに関しては細心の注意を払いたいところです。頭脳のクオリティが低いと、重たい作業を任せにくいです。軽い事務作業であれば廉価版のCPUが採用されたマシンでもパワー不足は感じません。一方で3DCGを製作したり、動画編集をしたり高画質な映像を再生を目的にpcを買いたい方は、CPUはハイグレードなパーツにしなければなりません。

ハイグレードな物にしておけば、並行して重たい作業をサクサクと行えます。動画編集や映像再生は想像以上にマシンパワーを必要します。pcの頭脳が平均未満のスペックでは度々作業がストップしたり、場合によっては本格的なアプリケーションが正しく動きません。メモリやHDDやGPUに関しては購入後、必要に応じて増設や交換が出来るので、最初は必要最小限のグレードにしておく、という手もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *