Skip to content

オンラインゲーム用の自作pcに必要なパーツ

2020年東京オリンピック以降に正式種目になるとされるeスポーツが脚光を浴びています。

eスポーツとは、パソコンを用いて行うオンラインゲームであり日本ではブロードバンド環境が整備された2003年頃から普及し出しました。オンラインゲームを行うには家電量販店で販売されているパソコンよりもさらにハイスペックなゲーミングpcというものを必要とsますが、完成品は価格が高いという特徴があります。オンラインゲームをこれから始めたいけど、高いパソコンを買う余裕がないという方はパーツをご自身で用意して自作pcを作ることで手に入れることが可能です。

自作pcの場合、高額になりがちなパーツでも格安な中古で購入して組み立てることのほかにゲームに必要なパソコン環境をカスタマイズできる良さもあります。オンラインゲームに必要なパーツはグラフィックボード・インテル社製のCPU・SSD・1TB容量のHDDで、特にグラフィックボードは解像度が1980×1600画素の高性能なものを用意する必要があります。

CPUに関しては現行最新版のCorei7を搭載すれば、高速処理が必要な格闘ゲームも滑らかに動かせてプレイ中のストレスを軽減出来ます。SSDはゲーム起動時のスピードを速めるために用いますが、高速起動が出来なくても構わないという方はHDDのみでも問題はありません。オンラインゲームが行える環境のパソコンは、ハイスペックマシンと呼ばれるだけありインターネットで映画や動画を閲覧しやすい環境も実現してくれます。1台自作しているだけで幅広い用途にも用いられるものであり作っていて損はしません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *