Skip to content

自作のpcを作り上げる楽しみ

自作のpcは自分でcpuやマザーボード、メモリなどを選び自分で組み立てます。

自作のため自由度が高い分決めることも多いので最初にしっかりシミュレーションを行い、自分の目的に合ったものを選ぶことが大事です。その分自分の必要な機能だけに特化したものを作ることもできます。自作のpcの一番のメリットといえば、やはり世界でひとつの自分だけのpcが作れるということではないでしょうか。

自分の目的に合ったパーツをひとつひとつ選ぶことにより、愛着のわく唯一のパソコンが出来上がります。またパーツを買い組み立てることで、パソコンの仕組みを知ることができます。インターネットやプログラミングなどの使用では分からない、パソコンの内部を知ることができます。そのため壊れた時にも部品だけを交換、修理に出すことも可能になります。逆にデメリットもあります。

それはパソコン自体の保証がないことです。部品自体には保証があるのですが、どこが壊れているかの見極めは自分でしなければなりません。その他にはやはりパーツの種類が多すぎて選びきれないというものです。初めはやはりどれを選んだら全くわからない初心者なのは、なにをするにも当たり前のことです。

ネット上のパーツの選び方のサイトやパソコンパーツ専門店などで質問してみるものいいかもしれません。結局自作のpcを作る一番の理由は自分だけのものを作り上げるということではないでしょうか。物作りが好きな人はその工程もとても楽しいものになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *