Skip to content

pcを自作するときにグラフィックボードは必要か

pcを自作する際にグラフィックボードを取り付けるべきかどうかは迷うところですが、単にディスプレイに表示させるだけであればグラフィックボードを用意しなくても可能です。

映像出力端子がついており、統合チップセットが導入されているか、GPUが統合されたCPUを利用することができるマザーボードを手に入れれば、それだけでディスプレイに出力させることができます。インターネットや音源再生、文書作成などといった負荷のかからない作業がメインの自作pcをつくるのであれば、グラフィックボードを買う必要はありません。

一方、高画質の動画を見たいときや、描画の量が大変多いゲームで遊ぶとき、2つ以上のディスプレイを接続して作業をしたいときなどは、自作pcにグラフィックボードが必須です。マザーボードのグラフィック機能を用いてこれらを行うと、パソコンの動作が重くなる事象が頻発し、最悪の場合フリーズしてしまって再起動せざるを得なくなります。

何らかの作業をしていたときにパソコンが応答しなくなると、最後に保存したところから作業がやり直しになってしまいますが、グラフィックボードを使うことで描画性能やシステムの安定性が向上し、快適に作業できるようになります。

また、グラフィック処理に問題が発生したとき、オンボードだと最悪の場合マザーボードごと新しいものに買えない限り解決できませんが、単品のグラフィックボードだと新しい製品に取り替えるだけで解決することがあります。この交換作業に手間やコストがかからない点も、グラフィックボードを導入するメリットといえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *